鍼灸治療(時間目安40分)

治療費 3,000円
※初めての方は初診料として1,000円追加となります

はり鍼・きゅう灸について

鍼灸は「体がバランスを保つ働き」や「炎症を治す働き」や「内蔵の働きを制御する働き」等をはり鍼・きゅう灸によって活性化させて、体の本来もっている治癒力をひきだすものです。
その歴史は2000年以上前にもなり、「経絡けいらく」といって体を部分ではな く全体として捉えることが特徴です。そのため、例えば胃腸のツボを足にとったり、頭痛のツボを手にとったり、お腹の冷えで背中を温めたりと、体のつながりを使って治療をしようというのが鍼灸の特徴です。

日本や中国に外科手術が入ってきたのはここ100年余りですが、昔の人々は体を開かないでその状態を知るために色々な工夫をしてきました。それが顔色を見たり、脈や舌の状態を見たり、お腹や背中や手足などを触ったり圧したりする方法です。こうした観察方法が2000年もの間に蓄積・改良されて今に至るのです。
現代になり、有能な医師や鍼灸師の先生方が科学的な裏付けをとるため、鍼灸の効果を検証した論文を多数発表しています。その結果、鍼灸の脳内物質への影響や、免疫反応の活性化や、筋肉の緊張をゆるめることなど少しずつ効果が明らかになってきました。
観音鍼灸院では、鍼灸の効果を最大にひきだすため、患者さんが安心できる心地よい治療院作りや、思いやりのある応対、そして治癒力を高めるための繊細な施術を心がけています。

クラニオセイクラルセラピー (時間目安60分)

治療費 5,000円
※初めての方は初診料として1,000円追加となります。

クラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)について

頭蓋仙骨療法とは、3gタッチといわれる柔らい触れ方で、皮膚をはじめ体内の膜組織のこわばりや歪みをゆるめ、脳や脊髄の働きを助けている脳脊髄液の流れを促すことにより、自然治癒力を高めるものです。治療を行うのは主に頭(頭蓋骨)、胴体、背骨の根もとに当たる腰の下(仙骨)です。クラニオ(頭蓋)セイクラル(仙骨)という言葉はここに由来しています。

横浜で柔道整復師として開業されている斎藤光洋先生に教えを受け、日々の臨床の中に取り入れています。また、妊産婦さんやお子様にも安心して受けられる施術としてもおすすめしています。

その他

往診料 追加 2,000円
※糸満長谷寺で治療の場合は往診量はかかりません。

往診地域:南城市、八重瀬町、糸満市
※他の地域をご希望の方はご相談ください。

各市長村 はりきゅう助成券 使用可
及び一部疾患に限り保険適応あり。

保険診療について

以下の症状に当てはまる方は、医師の同意書を鍼灸院でお渡しします。
かかりつけ医など病院にてご提出頂き、同意書の記入をお願いして下さい。

  1. 五十肩(肩関節周囲炎その他の疾患名含む)
    肩が痛くて眠れない、腕が上がらない
  2. 頚腕症候群(慢性的な頚部痛も含む)
    首や肩や腕が痛む、しびれる、感覚がにぶい
  3. 頚椎捻挫後遺症(むちうち症も含む)
    首をひねって痛めた、骨には異常がないけど事故の後に首が痛む
  4. 腰痛症(広範囲に及ぶ腰痛全般)
    腰が痛い
  5. 神経痛(座骨神経痛、大腿神経痛、肋間神経痛、腕神経痛、後頭神経痛、三叉神経痛、顔面神経麻痺)
    痛みやしびれピリピリ感→足や太もも、肋骨にそって、手や腕、頭の後ろ
    顔面の痛みやしびれ、顔面の麻痺
  6. リウマチ
  7. その他慢性的な痛みを伴う症状疾患
    (変形性膝関節症、脊柱菅狭窄症、変形性脊椎症、その他)

上記のような病名が診断されたけれど痛み止めか手術しか選択肢がないので鍼灸の施術でできるところまで生活していきたい

例)一般的な国保など3割負担での施術について

初回 → 約 1,150円の割引 → 実質の施術料 2,850円
二回目以降 → 約 1050円の割引 → 実質の施術料 2,050円