okada_kannon

About 観音鍼灸院

観音鍼灸院の院長をしている岡田隆英です。僧侶をしながら鍼灸師をしています。糸満市潮平に長谷寺という寺院があり副住職をしているため、そちらの仕事も承っています。 仕事なのか趣味なのか、瞑想や座禅断食、仏典を読むこと、鍼灸や体のことを学ぶことがほぼ趣味同然になっています。 鍼灸に来られるお客様とは気長な付き合いになることも多く、その方やご家族の人生と共に生きていくような面があります。やり甲斐のある仕事にめぐり合えたことに感謝しています。

炎天下での作業は大変ですね。梅干しと黒糖はありますか?

By |2019-08-12T22:48:50+09:002019年8月12日月曜日|今日のひとこと|

  いつも車で通りかかる度に、ちょっと声をかけようかと迷うんです。   正午の照りつける炎天下のなか、Sさんが地面にかがみ込んで作業をしている姿を見かけるからです。   もう年齢もそう若くないはずなのに、びっしょり汗をかきながら苦にもせず働いている。   水のペットボトルを日陰に置いて、時々ひと休みしてはひと飲みする。   そんな姿を知っているので、ちょっとお知らせしようと思いました。 [...]

炎天下での作業は大変ですね。梅干しと黒糖はありますか? はコメントを受け付けていません。

「チベット仏教からの展望」東京の泉福寺便りに寄稿

By |2019-03-20T20:41:38+09:002019年3月20日水曜日|こころば舎, 仏教・瞑想関連|

先月、沖縄長谷寺にて行われた「チベット仏教からの展望 ニチャン・リンポチェ師&吉村均氏 沖縄記念講演会」について、実家の東京江戸川区にある泉福寺が発行している泉福寺便りに寄稿しました。 ————— 先日2月16日、ご縁あってチベットの古訳ニンマ派の僧侶ニチャン・リンポチェにお越し頂き、沖縄長谷寺にて法要を執り行い、中村元東方研究所の吉村均先生にもご講演頂きました。 チベットに仏教が伝わったのは日本と同時期であり、特にニチャン先生のニンマ派宗祖である聖者パドマサンヴァバと真言宗の空海上人とは殆ど同時代の方でもあります。そのため、真言宗の拠り所となる大日経や金剛頂経もチベット古訳派の教えに含まれているのです。 ニチャン先生は85歳になられ、日本に来られて既に40年ほどたちます。高野山大学の学長でもあった中川善教先生が大日経の研究のため、ダライ・ラマ法王に僧侶の派遣を要請したことがきっかけで来日されました。 […]

「チベット仏教からの展望」東京の泉福寺便りに寄稿 はコメントを受け付けていません。

お客様の声 子育て中の腰痛

By |2018-07-18T15:28:21+09:002018年3月24日土曜日|お客様の声|

 30代 那覇市 会社員 女性   ・最初はどのような症状がありましたか?  産後、息子の抱っこを続けるうち、背中と腰が常に痛み、だるさがある状況でした。 だましだまし生活していましたが、良く寝つけないほどつらい毎日でした。   ・当院に通院するようになって症状はどのように改善しましたか?  びっくりするほど体が軽くなりました。  痛みもだるさもなくなり、元の体に戻ったことで良く寝られるようにもなりました。   [...]

お客様の声 子育て中の腰痛 はコメントを受け付けていません。

お客様の声 腰痛

By |2018-03-16T13:55:37+09:002018年3月22日木曜日|お客様の声|

 70代 男性 宜野湾市在住 学童指導員   ・最初はどのような症状がありましたか?  腰痛により歩行がつらい   ・当院に通院するようになって症状はどのように改善しましたか?  腰痛がやわらいだ   ・症状が回復して一番良かったこと、嬉しかったことは何ですか?  行動範囲が広くなり大変ありがたい [...]

お客様の声 腰痛 はコメントを受け付けていません。