home2018-08-29T11:33:03+09:00

こんな方にオススメです

  • 自律神経や更年期の症状でお困りの方
  • 首肩や腰のコリ・胃弱体質
  • 頭が痛い・めまいがする・疲れやすい等…

鍼灸は日本の伝統的な医療です

「鍼はり・灸きゅう」は日本で約1,300年の実績がある施術です。 明治天皇にはお抱えの鍼灸師がいたことをご存知でしょうか。かつて日本では医師が鍼灸と漢方を使って治療をしていた時代があります。今では世界保健機構の認定も受け、ドイツや中国をはじめ世界各国で鍼灸が取り入れられています。

乱れた気の流れ(経絡)を整え、自然治癒力を引き出します

中国古代から伝わる気の流れ(経絡)をもとに治療しています。鍼灸によって筋肉をゆるめ、自律神経の高ぶりを抑え、免疫力を高め、痛みを止め、溜まった血液を流し、胃腸を動かし、姿勢が変わり、頭がはっきりとするなどの例があります。鍼灸がなぜ効くのか。これはまだ科学的に解明されていない部分も多いです。しかし、筋肉と筋膜、神経と電気、交感神経と副交感神経、脳内麻薬物質と痛み刺激との関係など、様々な観点から今もまだ検証されている段階です。

内臓が良ければ病気にはならない

というのが、東洋医学の基本的な考えです。暑さ寒さ、肉体の疲れ、精神的ストレス、食べ過ぎ飲み過ぎなど内臓はさまざまな環境に適応しています。そうした環境のストレスによって弱った内臓を元気にするために、内臓へのトンネルである365のツボを使って治療していきます。

日本人は痛みに弱い?

鍼(はり)というと、「ぶすっと刺して痛そう!」と思いがちです。しかし、日本人は強い刺激が苦手なのか、やさしいハリの技術が育まれてきました。本院でも”てい鍼”を使った刺さない鍼を主として使っています。そのため老若男女、どなたでも安心して治療を受けることができます。(強い刺激をお好みの方には向いていません。)

自律神経や更年期の症状でお困りの方

体調が悪い中でも機嫌よく、前向きで穏やかで優しい人という方はなかなかいません。長らくの体の不調を抱えている方は、どうしてもマイナス思考で落ち込みやすく人によってはそれを自分の性格だと思い込んでしまいます。特にホルモンや自律神経の失調に関わるような症状、例えば疲れやすい、頭痛や軽いめまい、動悸や吐き気、慢性的な肩や首のコリなどはそれなりに日常生活が送れるけれども気分が優れずにイライラしたりします。

このような症状に対して鍼灸を地道に続けていき、体調が良くなっていくと気持ちが明るくなっていきます。 生活のパターンも変わってきて、以前ならやりきれなかった事に取り組んでいくこともできます。

不調は体からのメッセージです。体の声を聞いて、改善に向けて一緒に取り組んでいきましょう。

院長 岡田 隆英

真言宗豊山派 糸満長谷寺 副住職
鍼灸師 厚生労働省認定
【はり師 登録番号173049】【きゅう師 登録番号172548】
クラニオセイクラルセラピスト (頭蓋仙骨療法士)

沖縄に移住をして平成24年より糸満長谷寺にて副住職となりました。葬儀・法事や地鎮祭などとは別に、観音様を見習って世のため人のため何かできないか、そう考えていると良いご縁が巡ってきました。
師匠との出会い・・・神奈川県藤野にて長年開業されている鍼灸師の原田修観先生との出会いがありました。原田先生の治療はそれまでの鍼灸のイメージを一変させるような心地良い感動的なものでした。これほど奥深い道なのかと尊敬と希望を鍼灸の世界に感じ、先生からの勧めもあり、弟子入りすることになりました。
>>>続きを読む

施術の流れ

お電話またはHPからご連絡、問診

お電話にて、はじめての方はその旨をお知らせください。気になっている症状を簡単にお伝えください。なお、往診を希望の方、長谷寺での治療を希望の方はその旨もお伝えください。
予約時間の5~10分前を目安にお越しください。(体の状態を落ち着かせ、治療の効果をあげるためです。)

来院

はじめに、問診をします。気になっている症状以外に一見関係のない症状が大きなヒントになる場合があります。思いついたままにお話しください。

体の状態をチェック

脈を取ったり、舌を見たり、お腹や背中のツボに触って全体から症状の原因を判断します。症状によっては体の動作テストや歪みなどのチェックも行います。

施術を行います

体の状態に合わせて、施術を行います。

治療後の説明

体質によっては治療後に少し気だるくなったり眠くなる場合があります。その時は次回の治療時にお伝えください。刺激量を減らして気だるさの発生を抑えることができます。

はじめて治療を受ける方へ

当院ではお子様や女性でも安心して治療に来れるよう配慮しています。

まず治療を受ける前に

●治療の前後30分以内はシャワーやお風呂、激しい運動は控えましょう。
●飲酒後の治療は血行が良くなって酔いがまわるためできません。
●下記の方は治療において注意が必要なのでご申告をお願いします。
金属アレルギーの方(針は主にステンレス)、
血液をサラサラにする薬を飲んでいる方、糖尿病の方、
妊娠中の方、ペースメーカーの方、肝炎の方、体内に金属がある方。

女性の方は

●生理中で貧血ぎみの方は治療の際にお伝えください。
●妊婦さんでも治療できます。治療はできる限り低刺激を心がけています。

治療について

●基本的に治療は服を着たまま行います。
●服装は上下分かれたもの、膝までまくりやすいズボンだと治療しやすいです。
●治療の際、必要に応じて患部を露出しますが、必ず声がけを行ってからします。

女性の方は

●ワンピースなど治療がし難い服の方には女性専用の治療服を用意してあります。
●衛生面で特に気になる方はハンドタオルの持参をおすすめします。
うつぶせ時の顔当てなどに使います。

施術費/ 3,000円(40分程度)、初診料プラス/ 1,000円
クラニオセイクラルセラピー【頭蓋仙骨療法】/ 5,000円(60分程度)
一部の市町村 はりきゅうマッサージ助成券 使用可
一部疾患に限り保険適用あり(ご相談ください)

ご相談だけでも結構です。
お電話お待ちしています。

BLOG(最新情報)

炎天下での作業は大変ですね。梅干しと黒糖はありますか?

  いつも車で通りかかる度に、ちょっと声をかけようかと迷うんです。   正午の照りつける炎天下のなか、Sさんが地面にかがみ込んで作業をしている姿を見かけるからです。   もう年齢もそう若くないはずなのに、びっしょり汗をかきながら苦にもせず働いている。 [...]

「チベット仏教からの展望」東京の泉福寺便りに寄稿

先月、沖縄長谷寺にて行われた「チベット仏教からの展望 ニチャン・リンポチェ師&吉村均氏 沖縄記念講演会」について、実家の東京江戸川区にある泉福寺が発行している泉福寺便りに寄稿しました。 ————— 先日2月16日、ご縁あってチベットの古訳ニンマ派の僧侶ニチャン・リンポチェにお越し頂き、沖縄長谷寺にて法要を執り行い、中村元東方研究所の吉村均先生にもご講演頂きました。 チベットに仏教が伝わったのは日本と同時期であり、特にニチャン先生のニンマ派宗祖である聖者パドマサンヴァバと真言宗の空海上人とは殆ど同時代の方でもあります。そのため、真言宗の拠り所となる大日経や金剛頂経もチベット古訳派の教えに含まれているのです。 ニチャン先生は85歳になられ、日本に来られて既に40年ほどたちます。高野山大学の学長でもあった中川善教先生が大日経の研究のため、ダライ・ラマ法王に僧侶の派遣を要請したことがきっかけで来日されました。 [...]

ブログ一覧を見る